自然と寄り添う暮らし

MENU

自然と寄り添う暮らし

「光冷暖」で家全体がムラなく快適

暑さ寒さを感じさせない家

夏の日、玄関を入った瞬間にひんやりとした空気に包まれる心地よさ。
また冬の日、廊下や洗面所にいても実感することができるほのかなぬくもり。

光冷暖は、そんな外気温の高低に影響されない穏やかな室内環境を
1年を通して保つことができるシステムです。

たとえば、エアコンの風が身体にあたって、なんだかだるさを感じる…。
温度調節がうまくいかず、暑すぎたり寒すぎたりと、室内でも落ち着かない…。
そんな経験はないでしょうか?

光冷暖の特徴は、家全体の温度を調節できること。
その結果、室内のどこにいても居心地のよい、健康的な空間が実現するのです。



心地よい体感温度をキープ

システムの稼働に必要となるものは、室内に設置するセラミックコーティング加工のパネルと、熱源となるヒートポンプ、壁や天井への専用の内装材の施工です。

仕組みを簡単に説明すると、まず暖房時にパネルに温水を流し、熱を放射させます。
その熱が直接または壁や天井の専用の仕上げ材に共鳴して、
室内の人間の体感温度をコントロールします。

冷房時は、パネルに冷水を流し、室内の人間の熱がパネルに移動するようにします。
熱は高い方から低い方へと移動する、という性質を利用したもので、
人は熱が与えられると暖かく感じ、熱が奪われると涼しく感じる仕組みです。

また、その効果は間取りに関係なく広い範囲に発揮されるため、
パネルを設置していない部屋でも快適な温度をキープしてくれます。

そのため、家全体の温度にムラが少なく、どこにいても快適に過ごせます。



風が肌にあたらず不快感ゼロ

光冷暖による室内環境は、夏はトンネルの中にいるような涼しさ、
冬はまるで岩盤浴をしているような芯からの暖かさ、とたとえられます。

冷温風を体に直接あてるのではないので、不快感がありません。
遠赤外放射の効果により、
夏には身体から熱が奪われて涼しく感じ、
冬には熱が与えられて暖かく感じるという仕組みです。

風がないのでホコリや花粉、ウイルスが室内に飛び散る心配もありません。
室内にきれいな空気が保たれるとともに、
冷暖房による運転音がなくて静かなところもうれしいですよね。
また、24時間稼動しているため、外出から帰宅したときも心地よい空間が迎えてくれます。

壁や天井を利用して体感温度を調節する効率のよい冷暖房は、
光熱費の削減にもつながります。
健康に配慮しながら、省エネルギーで環境にもやさしい、
まさに次世代型の冷暖房なのです。


  1. ホーム
  2. 自然の恵みと暮らす
  3. 「光冷暖」で家全体がムラなく快適

関連する取り組みはこちら

木とともに。株式会社菅組

© Copyright 2003-2018 sugagumi All right reserved.

TOP