自然と寄り添う暮らし

MENU

自然と寄り添う暮らし

太陽熱を取り入れた心地よい暮らし

夏に涼しく、冬に暖かい住まい

寒い冬の日に暖かい太陽の日差しをあびて、心地よいと思ったことはありませんか?
ぽかぽかと降り注ぐ陽光は私たちの身体と心を温めて、
リラックスした気持ちになりますよね。

日本人は昔から、この太陽のエネルギーを暮らしに取り入れてきました。
日本の伝統的な住まいは、長い庇で夏の日差しを遮り、
仕切りのない大きな部屋に広い開口と縁側で風を取り込む工夫がなされたもの。
夏は涼しく、冬は暖かい太陽の光を取り入れて、
自然の力で、快適に過ごすことができるように配慮されていました。

そんな先人の知恵がつまった日本の伝統建築ですが、
残念ながら見逃せないデメリットがあります。
それは真冬の室内が厳しい低温になるということ。

広い開口は太陽の暖かい日差しを引き入れてくれますが、
夏の多湿に対応した風通しのよい建物は熱を逃がしてしまうのです。
この冬の厳しい寒さを、私たちは火鉢や囲炉裏といった局所暖房だけで
なんとかしのいできました。

もっと太陽の熱を活用して、夏に涼しく冬に暖かい住まいがつくれないだろうか。
そこで生みだされたのがパッシブソーラーシステムです。
大がかりな機械や動力を使わずに、上手に太陽熱を家の中に取りこむ方法で、
一年を通して快適な住まいを実現してくれます。
太陽のエネルギーと空気を利用することから、空気集熱式ソーラーシステムとも呼ばれています。

菅組では、いくつかのパッシブソーラーシステムの中から、
OMソーラーと、びおソーラーに取り組んでいます。

暑さ、寒さのストレスから解放された心地よい暮らしをもたらしてくれる、
パッシブソーラーシステムについてご紹介します。


  1. ホーム
  2. 自然の恵みと暮らす
  3. 太陽熱を取り入れた心地よい暮らし

関連する取り組みはこちら

木とともに。株式会社菅組

© Copyright 2003-2018 sugagumi All right reserved.

TOP